トップ 全国うなぎ料理店リストについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

全国うなぎ料理店リストうなぎ料理をもっと楽しく > うなぎ料理と言えば

うなぎ料理と言えば

うなぎ料理と言えばの画像

うなぎ料理と言えば、皆さん何を思い浮かべるでしょうか?「うな重」と答える方がいらっしゃれば「夏」と答える方もいらっしゃるかもしれません。そう。この2つのキーワードは、うなぎ料理を語る上では欠かせない存在です。うな重とは、皆さんご存知の通り、蓋が付いた四角い漆塗りの器に「ご飯」と「うなぎの蒲焼」を盛り、タレをたっぷりとかけた料理を言います。「土用の丑の日」に食べることでも知られていますね。

土用の丑の日は、春・夏・秋・冬の4回ありますが、主に夏にうなぎを食べる習慣があるのは、この時期に食べると精がついて暑さを乗り切ることが出来るという意味合いが強いからなのでしょう。土用の丑の日にうなぎを食べる習慣のルーツには諸説ありますが、そのうちの1つに平賀源内説があります。商売が上手く行っていない鰻屋の主人が「夏に売れ残るうなぎを何とかしたい」と、物知りで知られる平賀源内に相談を持ちかけたという話です。

「丑の日に『う』がつく食べ物を口にすると夏負けしない」という民間伝承にヒントを得た平賀源内が「本日丑の日」と書いた紙を店に張ってはどうかと勧めたところ、それをきっかけにその店は大繁盛したと言います。この説に倣うなら「う」がつく食べ物ならば「うどん」であろうが「梅干」であろうが何でも良かったということになるのですが、お店が繁盛したのは「うなぎ」だったからこそと言えるのではないでしょうか。というのも、うなぎは、高たんぱくな上にビタミンA、ビタミンB群、ビタミンD、ビタミンE、DHA、EPAといった人間に欠かせない栄養素が豊富に含まれた食品です。

疲労回復に効果があるとされている他、肌の調子を整えたり、丈夫な骨を作ったり、目の健康を守ったりするのにも欠かせない栄養素が入っており、まさしく究極の栄養食品と言えるでしょう。また、高血圧など生活習慣病を予防したり、口内炎を予防・改善したりする栄養素も含まれていますから、メタボが気になるお父さんや、食生活が乱れがちな若者にも積極的に摂って頂きたい食品でもあります。土用の丑の日にまつわる民間伝承とうなぎが、思いの他ぴったりとハマっていたからこそ、今の時代にまで「土用丑と言えば、うなぎ」という観念が根付いているというのは、もはや必然と言うべきかもしれません。



スポンサー広告

ネットショップ広告


全国うなぎ料理店リストのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 関東のうなぎ料理店(4)

静岡県にある某・うなぎ料理店は、グルメ情報誌やインターネットなどにもほとんど取り上げられていない「知る人ぞ知る」名店です。静岡県というと、うなぎの蒲焼が関西風・関東風に分かれるちょうど境目に位置する場所ですが、こちらのお店では1度蒸してから焼く関東風の作り方を取り入れています。創業60余年、どこにも修行へ行った経験のないご主人が、うなぎのさばき方や焼き方、タレの作り方を試行錯誤しながら全て独学で修得し、現在に至っているそうです。 看板メニューは、もちろんうな重。お吸い物やお

全国うなぎ料理店リストについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。