トップ 全国うなぎ料理店リストについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

全国うなぎ料理店リスト静岡県 > 冨久家うなぎ店

冨久家うなぎ店

冨久家うなぎ店

出前迅速!創業より70年、沼津のうなぎ蒲焼専門店。

焼きに技あり、味に極意あり。
うなぎにこだわり、たれにこだわり、薬味、井戸水にもこだわった冨久家うなぎ店のうなぎをぜひご賞味ください。

冨久家うなぎ店:DATA
住所〒410-0831
静岡県沼津市市場町13-4
電話055-931-1286
FAX055-934-2983
URLhttp://www.numazu-cci.or.jp/kobetu/ha/fukuya/
営業
駐車場6台 駐車料金 無料
業種飲食店、うなぎ料理店、日本料理店、持ち帰りうなぎ、料理仕出し
アクセス(その他)
御成橋東側
お役立ち情報うなぎ弁当、蒲焼の折り詰めも承ります。
出前も承ります。
2階後座敷でのご宴会、ご会合も承ります(20名迄)
まずはお気軽にお問い合わせください。

冨久家うなぎ店の地図

[map_tb:静岡県沼津市市場町13-4]

冨久家うなぎ店の詳しい情報です!

出前迅速!創業より70年。
毎朝届く国産の活鰻を使用した蒲焼専門店【冨久家うなぎ店】です。

【たれへのこだわり】
たれは、かば焼のうまさを左右する大事な決め手となります。
そのために古くから専門店は、独特の製法による秘伝の味を守り続けています。
また、かば焼はたれ瓶の中で付けだれをするので、毎日の調理を繰り返すことで、
たれにうなぎのうま味がとけ込んで、こくのある調和のとれたうま味をかもし出します。
沢山のうなぎを焼き上げる店のたれが美味しいと言われるのはこの為です。
写真は、当店のたれ瓶です。奥が新しいたれを足す瓶で、一番手前が「冨久家」創業より70年、
守り通した「古伝のたれ」です。

【井戸水へのこだわり】
井戸水と言えば、活鰻(生きたうなぎ)を扱う店では、なくてはならない重要な物で、
生きたうなぎを2~3日井戸水でしめ、うなぎの臭味をぬいて調理します。
当店の井戸水は、沼津市内で井戸水の汚染が騒がれた時、沼津市水道部に水質検査をお願いしました。
その結果、柿田川の水質と同等の物とのお墨付きを頂きました。

 =御品書=

・うな重 
並 ・・・・・・・・ 1600円
上 ・・・・・・・・ 2100円
特上 ・・・・・・ 2700円

・蒲焼
並 ・・・・・・・・ 1550円
上 ・・・・・・・・ 2000円
特上 ・・・・・・ 2600円

・御組重(蒲焼とご飯)
並 ・・・・・・・・ 1700円
上 ・・・・・・・・ 2200円
特上 ・・・・・・ 2800円

・しら焼    
並 ・・・・・・・・ 1800円
上 ・・・・・・・・ 2200円

・きも焼(2本) ・・・・・・・・・・400円

・うな骨せんべい ・・・・・・・・200円

上記うなぎ料理を中心に営業しています。

※うなぎ弁当、蒲焼の折り詰めも承ります。

※2階御座敷でのご宴会、ご会合も承ります。(20名迄)
 お料理は、4000円より (うなぎ料理中心)

※出前も承ります。

【御予約は】
お電話 055-931-1286
FAX 055-934-2983
フリーダイヤル 0120-298-304

【冨久家うなぎ店】
〒410-0831
静岡県沼津市市場町13-4



スポンサー広告

ネットショップ広告


全国うなぎ料理店リストのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 関西におけるうなぎ料理の特徴

関西におけるうなぎの開き方は「腹開き」です。武士社会であった関東とは違い、関西は商人社会だったため「(客に対して)腹を割って話をする」という意味で好まれてきました。しかし、一部には「自腹を切る」という意味もあって嫌う人もいるようです。関西での蒲焼の作り方はと言うと、うなぎを頭付きのまま腹から開き、そのまま直火焼きにします。そのため、関西の蒲焼は関東よりも歯ごたえがあり、皮はパリパリ、タレの焦げた匂いも相まって香ばしく、味もこってりしているようです。 関東の蒲焼に慣れ親しんで

全国うなぎ料理店リストについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。